業務改善・業務効率化とは

業務改善・業務効率化を実現するうえで大前提なのは、従業員など働く人の意識レベルです。

社長一人が業務の無駄を改善する意気込みがあったとしても、実際に業務を改善するのは従業員など働く人です。

従業員に対する意識づけが、業務改善・業務効率化の成否の鍵を握ります。

従業員みずからが「仕事をよりよくしたい」という自発的な想いから業務改善を行うのであれば、スキルアップにもなり、職場環境も今以上に変わります。

具体的に、どの業務が無駄なのかを検証する必要があります。

無駄な業務というのは具体的には、以下の事が大抵多いと思われます。

無駄な会議が多い,必要のない資料が多くなっている,無駄な報告書が増えている,営業効率が落ちてきている,仕事の流れに無駄がある,業務整理屋本舗,業務改善・業務効率化

「どの業務でどれだけ無駄が発生しているのか」を明確に把握することが大事です。

いろいろな角度から業務改善・業務効率化はできます。

アナログな部分の改善ですと、電話を有線電話から子機型にするといった事一つでも、移動しながら話せるので、遠い書類を取りに行くのも苦ではなくなります。

また、部品の棚卸しの際に1年使わなくなったものに剥がせる色付きのシールを貼る事で、3つ目は3年目と言う事で、廃棄もしくは、返却と一目で見れる仕組み造りも業務改善・業務効率化の一つです。

当社では、システム構築の際は現場へ行き、現場や作業場・事務所の環境なども見る事があります。

システム以外の事の業務改善・業務効率化にもご協力させて頂きます。

このままで良いですか?

時代は変わりました。

パソコンやインターネット・スマホが普及して機械に縛られているこの世の中です。

まだまだ、時代は変わり続けます。

その時代時代に沿ったデータ管理にしないと今後、管理不足のため顧客を得られなかったや戦略が出来ていいなかったなど、業務においては、データベースからシンプルな整理が行われているホワイト会社が生き残る時代です。

データ管理をはじめ、ホームページ・動画・など、インターネット関連も大事です。

しかし、そんなにいっぱいどうしたらいいの?と思う時はまず、今の会社の弱みと強みを書き出して下さい。

その上で必要なもの不要なものが明確化となります。

そこから、「こんな管理じゃ・・・」や「ホームページのリニューアル」や「1分CM」が欲しいなど、業務に関わることの全てを叶えられる限り協力します。

再度今後、5年後・10年後の御社の経営の在り方を見直してください。

わくわくしていますか?会社のデータは活き活きしていますか?

必ず、データは財産なので、データが助けてくれます。

なるべく、低コストで高品質なものをご提供できる様迅速くに務めさせて頂きます。

Excel(エクセル)VBAを活用した業務効率・改善提案

Excel(エクセル)VBA,業務整理屋本舗,業務改善・業務効率化,自動化,システム,本

書店に行くとこんなにも、業務改善の本はたくさん。

自動で表計算など、業務効率・改善が実施できるプログラムとなっており、今まで繰り返していた行っていた作業を「再生・実行ボタン」を押すだけでできるようになるので、作業効率化が図れます。

管理するデータが複数のエクセルファイルに分かれている場合は、それぞれのデータにつき1つずつ並べ替えをする必要があります。そうなってくると作業量が多く大変です。
また、月ごとにデータを提出する必要があるのであれば、毎月同じ作業を繰返ししていることになるので、生産的な仕事をしているとはいえません。
そのような時に、低コストで開発が出来てしまい、その後の操作性に便利な「Excel(エクセル)VBA」です。

大きなシステムを入れなくても、エクセルを使う事により、身近なシステム開発が可能となり、操作も簡単。

どんなに優れたシステムを使用していても、最終的には個々でエクセル集計や管理をすると言った手間を省きます。