Excel(エクセル)VBA開発について

Excel(エクセル)VBAとは?!

Excel(エクセル)VBAとは、エクセル上で動くプログラムで、エクセルに備わっているプログラムの事です。
Excel(エクセル)VBAというプログラミング言語で動きます。

Excel(エクセル)VBAでの仕事は早く正確です。
Excel(エクセル)VBAを使うと、「こんなツール・システムがあれば一気に仕事が片づくのに」という希望を、早ければ数分の作業で叶えられます。

Excel(エクセル)VBAを使うと、量が多い作業、手順の複雑な作業、くり返しの多い作業をボタンひとつで自動的に完了・生成できます。

小規模なシステム開発に高額な投資は必要ありません

エクセルVBA,excel,データベース,アクセス,acsess,業務整理屋本舗,業務改善,業務効率化
データの一元化をする事により、すっきりとしたデータ管理。いろいろな切り口からお客様の用途に合った帳票を生成が瞬時にできます。

どんな帳票場面でExcel(エクセル)VBAは必要?!

● 単純な集計業務

● 帳票の統一化

● 大きなシステムからのデータ編集加工

● 一括で計算からグラフにしたい場合

● データの比較のための計算式組込み比較

● 毎月決まった集計・計算・報告書用のグラフ作成

● 複数のファイルと連動する集計帳票

● CSVデータをインポート・加工・エクスポート

● いろいろな切り口から分析したい場合

● 入力ミスを防ぐための制御を仕掛ける


Excel(エクセル)VBA事例一覧(項目別)

 

大手P社/M社など 開発実績一覧

● いないチャート・やまかチャート(営業分析システム)

● 品質トレースシステム集計

● 不良日報集計(不良率集計)システム

● 原価管理システム

● 報告書発行管理システム

● ロット管理システム

● 出荷管理システム

● 売上見通し生成システム

● シーケンシャルシステム

● 見積書・注文書発行システム

● 入出庫管理システム

● 不良率分析・報告書生成システム

● テストデータ入力(収集)比較システム

● ラベル発行機対応システム

● 仕入先別売上集計システム

● 時系列データ一覧生成システム

● 顧客管理システム

● ピッキングシステム


Excel(エクセル)とAccsess(アクセス)を活用

 

Excel(エクセル)とAccsess(アクセス)を融合して開発する事で、Excel(エクセル)のデータ容量も軽くする事が出来、CSV(テキストデータ)にて排出して管理する事により、分析や集計の仕方の方法が多く作成する事が出来ます。

Accsess(アクセス)やCSV(テキストデータ)にする事により、データの流出やバックアップと言う事も可能となり、より良い環境造りも可能です。

データは会社の資産です。

自動化にするだけではなく、データ管理をする。見える化をする。事と同時に、インプットしているデータ加工の幅が広がり、会社の経営改善にも繋がる可能性が広がります。

同時に業務効率化にもなり、本来あるべき仕事に繋がります。